【M&A】ミュージカルカフェOffza 譲渡ストーリー(後編)事業譲受側の視点|株式会社コアエレメンツ 丸上徹也様 / Asami様

東京都豊島区。ミュージカル俳優がキャストとして歌って踊り、接客をすることで、誰でもミュージカルを気軽に体感できるミュージカルcafe & diner Offza(http://offza.jp/)。
このユニークなお店は、2019年にFIRST AIRLINES社によって企画・設立され、2021年3月、株式会社コアエレメンツに事業譲渡されました。事業譲渡に至るまでの、 FIRST AIRLINES社代表阿部様の葛藤や決断の背景、そして譲受側としてコアエレメンツ丸上様、Asami様(以下お2人合わせてナナカラット様)に名乗りを挙げられた背景、理由、今後の抱負などをうかがいました。
(「前編/事業譲渡側の視点インタビュー」の記事はこちらです)

※ナナカラットについてはこちらをご覧ください。
https://www.nanakara.com/

offzaは理想のスペースに近かった

ー事業譲受を検討されていた背景をおしえてください。

ナナカラット様:
実は元々、ミュージシャン、アーティストとしてはやはり自分達がホームとして活動できる場所が欲しかったんですよね。北海道から九州までライブを行っていますが、もちろん会場はどこもレンタルで、設備も場所によって違うんです。自分達が音楽を届ける側としては、やはりいつも同じクオリティ、納得できるレベルで音楽をお届けできる、ホームの会場になりうるような売却案件を探していたのです。

 

ーoffzaに感じた魅力はなんでしょうか。

ナナカラット様:
まさに思い描いていた理想のスペースだなと思いました。実は私たちは音楽と芝居を絡めていくようなミュージックショウや、シェフが腕を振るうナナカラ学園祭というイベントもやってきました。ここにはこんなに立派なキッチンもあり、それもステージまでワンフロアです。 あとナナカラットとしてはピアノの音もすごく好きで、ここにはグランドピアノもある。駅からも近い。黒いイメージのライブハウスという感じではなく、綺麗で設備が整った白い開放的な空間。本当にイメージ通りだなと。

 

若手キャストも応援したい

ーOffzaの若手キャスト達への想いもあったと聞いています。

ナナカラット様:
はい、ミュージシャンでもミュージカル俳優でも大体一緒だと思いますが、最初はお客様がいないんです。ライブをやるにもチケットノルマが割り振られて自腹を切って。さらに練習用にスタジオを借りてお金がかかって。活動すればするほど赤字なんです。 お金がないからバイトをする。すると練習する時間がない。人を呼ぶ、人を動かせるようになるまで大変なのです。

私たちも昔はお客様が1人とか0人とか本当にいなかった。ストリートライブなども年100回とかやっていたけれど初めは立ち止まる人なんか誰もいなくて。 アーティストとして同じ苦労をしてきたからこそ、若手キャスト達の気持ちもすごくわかります。

ここはミュージカル俳優、アーティストを応援するという意味でも本当に素晴らしい場所なのです。ミュージカル俳優を目指す若手達が、ここで働きながら、お客さんがきて、踊って歌って自己表現をする。働く時間と演じる時間が共存できる本当に夢の溢れる場所です。なので、何よりここをしっかり継続運営して、若いキャストの皆さん達にも我々のこれまでの経験を伝えていければと思います。

ナナカラットもまだまだ夢の途中なんですけどね。


ー今後の抱負をおしえてください。

ナナカラット様:
今までの良い部分は残しつつ、もっと音楽もちゃんと届けられるように、楽器や照明も増やそうと思っています。色々な人に楽しんでもらえる場所に。ミュージカルを楽しめるカフェをベースにして、ホール貸し、レンタルスペースとしても提供していきたいです。料理教室や講演会、配信もできそうですよね。

ここは施設も設備もきれいでしっかりしたものが揃っています。このクオリティを保ち続けたいです。誰が使っても気持ちよい場所として。継続が第一で、やりながらスペースとしの新しい可能性をずっと探り続けていきたいですね。

Offzaはまだまだ可能性に溢れている場所です。

▼「前編」はコチラ▼

関連記事はこちら