1. HOME
  2. 事業紹介
  3. 事業承継コンサルティング
  4. 個別性が高く専門的な知識が必要な事業承継問題。プロフェッショナルが一貫してサポートします。

事業承継コンサルティング

CONSULTING

事業承継コンサルティング

個別性が高く専門的な知識が必要な事業承継問題。プロフェッショナルが一貫してサポートします。

事業承継という問題は、誰に承継するかはもとより経営状況や起こりうるトラブルなど会社の状態によって取り組む課題も変わるため、極めて個別性・専門性の高い問題です。一方で、相談先である税理士や会計士、弁護士、コンサルタント、金融機関もありますが、事業承継という問題においてのエキスパートだとは限りません。
事業承継通信社は、事業承継を専門に扱うプロフェッショナルです。事業承継の問題の整理から、親族内承継、従業員承継、会社売却など、それぞれの出口に向けて一貫して支援・サポートいたします。

事業承継という問題は
なぜ難しいのか?

次の経営者に承継するのは、会社という資産だけではありません。そこで働く人や彼らの想い、組織、事業価値を支える知的資産など多岐にわたります。
将来を見据えて早めに考えなければならない重要なテーマですが、会社によって最適な事業承継の形はさまざま。選択肢も多く、非常に複雑なので、専門知識のないまま取り組むのは困難だと言えます。

複雑でややこしい事業承継
失敗事例もさまざま

親族への承継にこだわるあまり後継者が見つからず結局廃業することに。外部への承継の道を知っていたら今でも会社は存続していたかも…。

株式を分割したまま事業承継してしまったために、議決権がバラバラになり、親族間のトラブルに発展してしまった…。

息子を後継者として選んだが、ベテラン社員たちの反感を買ってしまい、退職者が続出してしまった…。

従業員に引継ぐつもりで進めていたが、いざ引き継ぐタイミングで個人保証等の引継ぎで破綻してしまった…。

事業承継は専門性の高い問題
プロフェッショナルに相談を

事業売却(M&A)のように出口が決まっている場合は、それに向けての対策はとりやすいですが、できれば親族や従業員など近しい人に引継ぎたい…というのもオーナー経営者のリアルな想いでしょう。しかしながら、事業承継は非常に個別性が高く、解決すべき問題も多岐にわたります。
事業承継通信社では、理想の出口のイメージを伺いながら、理想に向けて解決すべき問題の整理と解決に導くプロフェッショナルの相談を無料で提供させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。